交通事故の刑事責任と弁護士について

 

交通事故を引き起こした加害者は行政上の責任、民事責任、また場合によっては刑事責任を負うことになります。

このうち、刑事責任については過失運転致死傷罪や危険運転致死傷罪に交通事故の加害者が問われてしまう恐れがあり懲役や罰金、禁錮といった刑事罰を受ける可能性があります。

特に日本では重大な交通事故の発生する確率が近年、増加傾向にあることから人身事故については厳罰化を求める声が高まりつつあります。そのため、交通事故の加害者となってしまったときには少しでも早く示談交渉をまとめることが大事になってきます。

人身事故を引き起こして裁判に召喚される事態になったときに、示談交渉が成立しているかいないかが裁判官へ与える印象が異なってくる重要なポイントになってくるからです。

仮に示談が成立をしていた場合、交通事故の加害者は被害者に対して自分の過ちを認め、謝罪をする意思があるという印象を裁判官に与えることができます。

その結果、情状酌量されて刑事罰が軽くなる可能性があるのです。そのため、加害者となってしまったときには弁護士へ相談をし、適切な対策をとることが大事になってきます。

弁護士へ相談をして示談交渉をお願いすることで加害者が自分で行うよりも早く交渉を成立させることができるからです。

交通事故の示談金の相場と弁護士の介入について

交通事故の示談金は被害者の怪我の具合や後遺症が残ってしまうかどうかなどによっても違ってきますが、
自賠責保険による死亡事故以外の人身事故の賠償金額の相場は、およそ六十万円となっています。

少ないように思えますが、この金額はあくまでも示談交渉に弁護士が介入していない場合が
ほとんどである実態を含めている金額なため、実際に弁護士が介入すると交通事故の示談金が
二倍以上に跳ね上がることも少なくありません。

示談交渉は、裁判所を通さずに被害者本人と加害者が加入している保険会社が交渉をするため、
交通事故の損害賠償金に対する知識のない被害者側のほうが不利な交渉となってしまいがちです。

そのため、被害者本人が交渉をしないで、弁護士に示談交渉の代理人になってもらえば、
加害者側の保険会社の主張に丸め込まれることなく、被害の度合いに相当する損害賠償金で
加害者が加入する保険会社のスタッフと合意を取り付けることができるようになります。

交通事故の民事上の責任と弁護士への依頼

交通事故というものは、いくら自分が気をつけて運転していても、
どうしても避けきれないという場合があります。

ハンドルを握る以上は交通事故の加害者や被害者になるというリスクを
常に意識しなければなりません。

不運にも交通事故を起こしてしまった場合は、負傷者がいなければ
物損事故扱いとなり、負傷者がいた場合は人身事故として扱われることになります。

いずれにせよ加害者側の責任として損害賠償や慰謝料が発生いたしますので、
示談や調停が必要となります。

被害者側との示談交渉がうまくいかない場合も多く、その場合は
民事上の責任を争う裁判の場で争うこととなり、最終的に
賠償額や慰謝料などが決まります。

裁判に発展した場合は、専門的な知識を持つ信頼のできる弁護士を
雇うことがそれを有利にすすめるための必須条件です。

交通事故裁判に強い弁護士に依頼して、よく相談の上対策を練ることも重要です。
判決を待たずに和解へと持ち込んだり、自分の側に有利な条件で決着できたりと、
弁護士に依頼することでより良い解決につなげることができます。

受任通知について

交通事故に於いてその示談交渉がなかなか進展しないケースも少なく有りません。

このようなケースでありがちなのが、被害者側にも過失があることを主張し慰謝料の減額を迫るケースや、保険会社基準の慰謝料の金額を提示しその後の交渉に応じないケースです。
相手方がこのような対応をしてきた場合には、すぐにでも弁護士に相談するのが良いでしょう。

交通事故の慰謝料には保険会社基準と弁護士基準が有り、弁護士基準の方がより高額な慰謝料が設定されているからです。

弁護士は依頼を受けると相手方に対して、受任通知を発行し以後の交渉に於いてはすべて代理人が行うことを宣言します。
その時点で本人と交渉を行うことは禁止され、違反すると法的な処罰を受けてしまうことになります。

更に不当に低い慰謝料を提示したりすると交通事故裁判に持ちこんで法廷で争うことになり、より多額の慰謝料を支払わなければいけなくなる可能性があると相手方が予測することから、ほぼ正当な慰謝料を貰うことができるようになるからです。

交通事故で脳挫傷はすぐ弁護士に相談を

交通事故でよく問題になるのが、後遺症のことになりますが、その中でも入院や通院では完治しないものは「後遺障害」と判断されて、損害賠償の対象となります。

これは交通事故によって受けた精神的、肉体的な障害で、将来においても回復が見込めないものが対象になりますが、医学的にも証明できるものになります。

むち打ちのような症状のものもありますが、脳挫傷などの脳のダメージについては見た目ではわかりにくく、「高次機能障害」といって感情のコントロールが取れなくなったり、人とのコミュニケーションなどにも大きく影響する障害が残ってしまう場合があります。

このような場合は、自己判断や自動車保険会社だけに任せるのではなく、すぐに弁護士に相談することが必要です。
そうすれば「裁判基準」と言われるもので損害賠償を交渉してもらえますし、もし自分に何か後遺障害が残っても、代理で裁判を続けてもらうことができます。

裁判基準は、通常のものよりもかなり高額の賠償金を受けることができますので、自動保険に入る場合は「弁護士費用特約」を付加することが重要です。

交通事故で罰金などを受ける場合の弁護士の有用性は?

車を運転していて交通事故を起こしてしまった人は、怪我などの危険はもちろん、相手方に損害を与えてしまったという大きなショックを受けることになります。

スピード違反や前後左右の確認を怠ったなどの理由で多額の罰金を課されてしまうケースも増えてきています。
交通事故による罰金を受けた場合には、法律の専門家である弁護士事務所に相談する人が近年では急速に増えてきているのです。

事実をありのままに申告した上で不満などがある人には、プロの弁護士が細部に至るまで責任を持って相談に対応してくれます。

そのため、なんでも気軽に相談できると多くの人々から親しまれているのです。
このように、車の交通事故を起こしてしまった加害者からも圧倒的な支持と信頼感を寄せられています。

経験豊富で高い実績のある優秀な弁護士たちが、依頼者一人一人の悩みにも徹底的にバックアップしています。
そのため、心強い味方として喜ばれているのです。

これからも、身近な存在として頼られる存在です。

交通事故で減らされる点数と弁護士依頼について

近ごろでは、重大な交通事故を防ぐために自動車の運転に対する取り締まりが厳しくなってきています。
スピード超過や一時停止など、さまざまな交通違反を取り締まることによって、誰もが安心して生活できるよう貢献しています。

ささいな不注意や運転の失敗などによって、点数が減らされて免停になってしまう人も多く見られます。
そのような処分に対して不満や疑問点などを抱えている人も増えてきているのです。

交通事故によって点数を減らされた人々の間では、交通事故を専門的に取り扱っている弁護士事務所に相談に行く人も多くなっています。

法律の専門知識を持つプロフェッショナルとして、親身になって話を聞いてくれますし、相手の悩みに応じて適切なアドバイスなども行っています。
そのため、多くの依頼者から厚い信頼と高い人気を集めているのです。

このように、弁護士に相談することで交通事故を起こしてしまった精神的なショックや経済的な負担を軽減することにもつながります。

交通事故で脳梗塞を起こした場合の弁護士対応

交通事故が原因で脳梗塞を起こした場合には非常に大きな交通事故傷害となるものですが、現実的には非常に難しい交渉が必要となります。

その為、このような大きな障害を負う場合には弁護士に相談する方が無難です。
脳梗塞は外的要因のほか、さまざまな要因で発症するものです。

その為、交通事故が原因で発症したということを客観的に立証することが非常に重要です。
また相手方は交通事故が原因でなく、事故に遭う前の既往症であることを主張してくる場合が多いようです。
事故以前に高血圧の治療を行っていたかや、血圧が高いなどの兆候を指摘してくることも少なくありません。

その為、事故に遭った直後には自覚症状が無くても病院に通院し、医師の診断を受けておくことが必要になります。

この診断結果を取得しておくことで万が一発症した場合の原因を特定する根拠となるばかりでなく、弁護士に依頼する場合に於いても相手方に慰謝料を請求する正当な根拠となり得るからです。

交通事故で腰痛が残った場合は弁護士へ相談を

車が足代わりになっている現代社会においては、交通事故は避けて通れない問題となっています。
交通事故で被害者となった場合、対応をうまくやっていかないことには、相手側の保険会社の術中にはまってしまうことが少なくありません。

できれば、まずは、弁護士に相談に乗ってもらうのが一番です。
保険会社は、違法にならない範囲で、可能な限り定額での賠償金提示を行ってくるものです。

保険会社にとっては、自社のコストを抑えるために、少しでも安い賠償金で決着をつけることが大事だからなのです。
また、事故処理というのは、専門外の人にはわかりにくい要素が強過ぎて、損害というものの概念についても極めて曖昧なのが実際です。

ですから、損害賠償を低く抑えても、違法性を立証することが難しいのも事実なのです。

裁判所としても、よほどの低額でない限り、自由な金額での示談を有効としているほどです。
もし交通事故で腰痛が残っているという場合、速やかに弁護士に相談することが大切です。

交通事故で頭痛が起こるときの弁護士対応

交通事故の被害に遭った場合、骨折や脱臼などの怪我をしてしまうケースが一般的でです。

このような怪我をしたときには、交通事故の被害に遭ったその場で判明することがほとんどなので、加害者側に交通事故とそれによる怪我との因果関係を認めされることは容易なので、損害賠償や慰謝料の交渉をするにあたっては比較的スムーズに事が運びます。

しかし、交通事故の被害に遭ったその場では目に見える怪我というものはなく、ある程度の日数が経過してから頭痛などの症状が現れることも少なくはありません。

このような事故後に日数が経過してからの頭痛などの症状は事故との因果関係を加害者側に認めさせることが難しく、正当な金額の損害賠償や慰謝料を支払ってもらえないというケースもあります。

もしも、事故から日数が経過してから頭痛などの後遺症が現れた場合には医療機関で診察を受け、事故と後遺症の因果関係を証明できる診断書を書いてもらうと同時に、弁護士へ相談することが大事になってきます。